2013.05.22

錫の酒器、販売始めます!

☆ (写真手前) 「ぐい呑み」(ケース付)(H43 ⏀62 60CC) 3,360円

  (写真奥)  「カップ」(ケース付) (H102 ⏀62 130CC) 4,935円

  「株式会社能作」 富山県高岡市



錫の酒器の取り扱い始めます。

「錫」は、シブい!

男性に例えると、ロマンスグレーの紳士のよう。

「錫」は、金、銀に次ぐ高価な金属。

抗菌性・熱伝導率が高く、サビや腐食に強い。

古くから酒器や茶器などに使われる。

不純物を吸収し、水を浄化するともいわれる。


錫の酒器を扱いたく思い始め、いろいろ調べていたら「能作」という会社にいきあたった。

富山県は高岡市にある会社。

高岡は、400年もの長い間、鋳物技術に秀でた町だそう。

「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」会社、「能作」さん。

「能作」さんの錫は、純度100%。

柔らかすぎるため、高度な職人技を要する、鋳造が難しい素材だそう。




渋いオヤジに「父の日」の贈り物としても。

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

フィード

旧ブログ