月別アーカイブ

2013.06.12

早瀬浦 極辛純米

☆ 早瀬浦 極辛純米

  三宅彦右衛門酒造 (福井)

  1.8L/3,150円 720ML/1,680円



本日は、熊本は晴天なり
 

スッキリとした夏酒が呑みたくなる感じ。

山廃らしい骨太な酒質と、薄く感じさせない清涼な酸味が、


こんな暑い日に抜群に合う1本!











2013.06.08

大那「蛍」

☆大那 特別純米 夏の酒 「蛍」

 菊の里酒造 (栃木)

 1.8L/2,885円  720ML/1,442円



今年は、江津湖でもたくさんの蛍が飛んでいるとか。


小さい頃は近所の小川でもよく飛んでいて、捕まえて虫かごに入れて持って帰ってたな。


あの幻想的な光が、子供でも癒される感じなんですよね。


やっぱ、日本人なんですかね。




2013.06.05

ザックJAPN☆大ちゃん、おめでとー!

ザックJAPAN、ついにワールドカップ出場決めてくれました!

今朝は、どこもその話題で盛り上がってるんでしょうね。

以前、このブログでも何度か書かせて頂きましたが、

ザックの通訳をやっている、矢野大輔くん。


左がご本人、矢野大輔。右はトレインで一緒に頑張ってきた岡ちゃん❤


彼は、実は私の前職であるトレインがスポーツ留学ビジネスをやっていたときに、

当時中学生だったと思うのですが、第1期生としてイタリアに渡った人間なんです。

現在では、デル・ピエロとかのマネージメントをしているトリノにある会社で働いているのですが、

ザック自らに要請されて、ザックJAPANの通訳として頑張っています。

プレイヤーとしてはワールドカップに出場できなかったけれど、

それでもサッカーの本場ブラジルのワールドカップで通訳としてグランドに立てるんです。

素晴らしいことです!

おめでとう!大ちゃん!夢が叶えられたね!

今朝、別件だったのですがトレインの社長と電話で話したら、

もちろん昨日は埼玉に見に行っていたらしく、大感動だったそうです!

社長、私もトレインの卒業生として、社長に感動してもらえるように頑張ります☆

来年6月は、大ちゃんの晴れ姿見に、店を留守にするかもしれません


2013.06.04

奥播磨 夏の芳醇超辛


☆ 奥播磨 夏の芳醇超辛 純米吟醸

  下村酒造店 (兵庫)

  1.8L/3,255円 720ML/1,627円



「奥播磨」といえば、このブログでも何度か書いたように、私が20代ではまった日本酒。

だから、人生でも大切にしたい銘柄なんです。

先日の日曜日、「奥播磨」を取り扱う九州の酒販店が集まっての利き酒会が開催されました。


この写真に映りきれてませんが、22種類の「奥播磨」が並んでます!

今回は、蔵元の下村社長もご来熊!

私、実は初めてお会いさせていただきました! 感激!


翌日には、いのもと酒店にもご来店くださり、嬉しい限りです!

そうそう、「私、おでんを食べるときは必ず『奥播磨』がマル必なんです!」ってお話したら、


蔵の近くの姫路では、おでんを、なんと、しょうが醤油で食べるらしいんです

そんなの、はじめて!

是非、今度は姫路で、しょうが醤油のおでんを食べながら「奥播磨」飲んでみたいです!









2013.06.02

ALOALO(アロアロ)爽快ロック


☆ ALOALO(アロアロ)爽快ロック
  鹿児島酒造 (鹿児島)
  1.8L/2,270円



本格芋焼酎「やきいも黒瀬」や「黒瀬安光」でお馴染の鹿児島酒造さんより、

今夏新発売の夏限定芋焼酎。

「ALOALO(アロアロ)」とは、ハワイ語で「ハイビスカス」の意。

紅さつまを白麹で仕込み、ロックや水割りで、

甘味を感じながら、軽快・爽快に飲める芋焼酎。




2013.06.01

夏酒スタート!「手取川 夏純米」


☆ 手取川 夏純米

  吉田酒造店 (石川)

  1.8L/2,625円 720ML/1,181円



6月に入ったと同時に、夏酒が続々と到着!


春・夏・秋・冬とシリーズでリリースされる、「手取川 夏純米」。


辛口だからといって、日本酒度的にはけして辛いわけではない数値。


数値で飲むなかれ。


辛口=ドライというイメージで造られた味わい。


6月初日から、男的な文章にまとまっちゃいました。




カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

ブログ内検索

フィード

旧ブログ